誰か私を壊して

永遠に眠り続けたい

そんなことを願っても

朝はやってきて

私の頬を照らし

今日も生きろと言うのだ

壊れそうな心を抱いて

生きることを強いる